Open Reference

Open Reference(オープンリファレンス)は、“体験を通じて自分にあった仕事を知る”サービスです。リアルなプロジェクトに、プロジェクトメンバー(インターン生)として特別に参加させてもらい、自分の成長に紐づくような体験が得られるサービスです。会員登録すると、プロジェクトやメンバー募集の情報を、定期的に受け取ることができるようになります。

Open Referenceの特徴

Open Referenceは、参画している学生と企業がお互いに評価を行い、その評価結果をリファーできるコミュニティーです。

企業のメンターは、プロジェクトメンバーの活動について定期的にフィードバックを行い、プロジェクトメンバー(インターン生)の行動改善と成長を促します。プロジェクトメンバーは、参加したプロジェクトで学べたこと、メンターの対応などについて評価し、フィードバックを企業に返します。

Open Referenceに参画している学生は、全ての企業の評価シートを参照できます。プロジェクトを運営している企業も、全ての学生の評価を参照することができます。

Open Referenceのコミュニティ

プロジェクトメンバーとプロジェクトを運営する企業が、お互い対等に評価しあい、結果をコミュニティ内にシェアします。

Open Referenceのコミュニティ

正式サービス開始前の
ベータ(β)会員登録を受付中!

Open Referenceを使ってみたい!という学生のみなさんの事前登録を受け付けています。どのようなプロジェクトがあるのか?どういう役割のメンバーを募集しているのか?など、具体的な情報が欲しい方は、まずは会員登録をお願いします。情報登録と簡単なマッチング検査によって、あなたに合いそうなプロジェクトを順番にご案内します。

まずは3種類のカテゴリから、学生のみなさんがプロジェクトメンバーとして参加できるプロジェクトをご用意していきます。カテゴリは今後追加されていく予定です。

Category 1
Startups

スタートアップで行われている
スピード感のあるプロジェクトに参加

Startups

Category 2
Public & NPO

行政やNPOなどにおける
公共性の高いプロジェクトに参加

Public & NPO

Category 3
Overseas Project

海外でのチャレンジングな
プロジェクトに参加

Overseas Project

※ベータ会員登録からプロジェクト情報のお届けまで、多少時間がかかる場合があります。